プロフィール

東風谷優衣(こちやゆい)
カウンセリングルーム多愛羅(たあら) 代表

1976年5月28日生まれ。
ゼロ磁場・竜脈などで知られる
長野県・伊那谷生まれ。
現在は東京都・銀座に在住。

東風谷優衣写真



 

小さな頃から「変わった子」と言われ、担任の先生が望むような生徒になれず、消極的な幼少期を過ごす。高校卒業後は、長い間味わってきた不自由さをどうにか解消したいと猛烈に思うようになり、『私らしさ』を求め様々なチャレンジを始める。

調理師専門学校に通っていた19歳の頃、隣のクラスの女の子に手相を観てもらったことが切っ掛けで、占いの勉強を始める。占いの本を片手に友人や家族を観ていくうちに、どこへ行っても「占ってほしい」という人が続出。けれども当初は単なる趣味としか思っておらず、別の夢を追いかけ世界各国を旅していた。ところがどの国へ行っても占うことを求められ、常に長い列ができていた。

そんな体験を積み重ねていくうちに、「もしかしたら、これが私の天職か!」とひらめく。

2003年には本格的な仕事として占いを始める。
長野県伊那文化会館内のカフェに座り、数千人の鑑定を行う。評判が評判を呼び、新聞のトップページに大きく紹介される。そしてなかなか予約が取れないほどに。0歳から90歳、老若男女問わず、様々な職業の方々の人生相談を受ける。そこで独自のセッション『自分と向き合うカウンセリング』とヒーリングの手法『天柱光術(てんちゅうこうじゅつ)』を開発する。その後、神様や仏様、ご先祖様など既に亡くなられている方々、ご相談者様の潜在意識、過去世、守護霊様、ペットなどから聴かせていただいて綴ったメッセージは現在7万枚ほどにのぼる。

2010年、神奈川県横浜市に移住し、著名な方々からもセッション依頼が増える。
2013年、東京都・日本橋にカウンセリングルームを移転。
2015年には銀座でリニューアルオープン。

今日までの修行の道で、自分らしく生きる喜びに目覚め、純粋に想い描くビジョンを実現するためには、『自分と向き合う時間』が大切であることを実感する。
その学びを通じて出来上がったカウンセリングルームは、自分の人生に価値を生み出そうとする方の『心と身体、魂の声に耳を澄ませる特別な場所』『人生を生きる目的、指針を明らかにする機会』、そして『その目的に向かって邁進できる状態づくりの場~精神と肉体を癒し、エネルギーを湧かせるスペース』になっている。日本全国、海外からのセッション依頼があり、リピーターも多数。

人様の人生に向き合う道を歩んで20年、プロを志して13年目を迎える。私のビジョンは『生まれて来て良かった』『人生楽しい』という言葉が、毎日溢れてくる人たちの輪を世界中に広めていくこと。そのビジョンを胸に、クライエント様が『元来の輝く姿に還り、目覚めていくセッション』に日々力を注いでいる。

(2015年12月19日作成)